【道場紀行】北摂三田柔道クラブ

全国で活躍している道場を紹介する「道場紀行」
今回、ご紹介するのは兵庫県三田市で活動する北摂三田柔道クラブです。

道場について

大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

味谷監督、この度は武道道場ナビの取材にご協力いただきありがとうございます。
早速ですが北摂三田柔道クラブの特長を教えてください。

こちらこそありがとうございます。
当クラブは、道場長の言うことが絶対というような古い体質ではなく、自由な風土であることが特長です。
具体的には一人ですべてを決めるのではなく、指導者の意見に耳を傾けたり、保護者会のように保護者の方に負担をお願いしないほか、稽古への参加を強制せずに自由意志に基づいて稽古が行えるようにしています。
また、稽古生の年齢制限を設けずに下は3歳から上は70代の方まで幅広い世代の方と稽古しているのも特徴の一つです。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

時代に合わせて柔軟に変化し対応されているクラブなのですね。
稽古に参加する方の年代はどのようになっていますか。

中学生の参加が最も多いです。
特に学校の部活が終わった後にもっと稽古をしたいというモチベーションの高い稽古生が参加しています。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

部活以外で柔道を行える場として北摂三田柔道クラブが存在しているのは素晴らしい事だと思います。
他のクラブや団体との交流などはありますか。

年に1回当クラブが主催となり、強豪実業団の一つである日本製鉄 柔道部の部員の方をお招きして練習会を行っています。
この練習会ではレベルの高い現役選手と稽古ができるため、当クラブの稽古生にとっても刺激になります。
その他、地元の高校に出稽古に行かせて頂いたりと道場の垣根を超えた交流を行っています。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

他団体との活発な交流は稽古生にとってプラスになることが多いと思います。
続いて、味谷監督が北摂三田柔道クラブを開いたきっかけを教えてください。

私は以前、別の道場で指導をしていましたが、その道場では経験者向けの練習内容が多く、初心者が中々ついていけなかったり、過去のしがらみなど様々な制約があり、私が大切に思っている自由な風土の道場を実現することができませんでした。
そこで、自分が思う理想の道場を作りたいと思い当クラブを発足させました。

味谷監督
味谷監督

指導者について

大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

ご自身の理想の道場を実現させるためにクラブを発足されたのは素晴らしい事だと思います。
続いて味谷監督が柔道を始めたきっかけを教えてください。

私は小中学生の時は文化部に所属していて、高校に進学した際に自分を変えたいと思い運動系の部活に入ろうと思いました。
その時に、当時の高校で初心者でも始めやすい部活の一つが柔道だったことと、礼儀などの武道の精神に魅力を感じて柔道部に入部したことが柔道を始めたきっかけです。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

高校の部活がその後の味谷監督の人生を変える柔道との出会いだったのですね。
現在はご自身のクラブで指導をされていますが、子供を指導する上で大切にしていることを教えてください。

やはり柔道は武道ですので、礼に始まり礼に終わるという部分は特に大切にしています。
特に稽古内の所作については気を付けており、道場の外では仲良しだったとしても稽古の中で教え、教えられる立場になる時は敬意を払うように指導しています。
また、稽古方法も根性論や気合ではなくロジカルに誰でも分かりやすく伝わるように教えることを意識しています。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

礼儀を重んじつつ、稽古方法は現代風にアレンジされているのですね。
続いて、大人を指導する時に大切にしていることを教えてください。

子供を指導する時に大切にしていることと重複しますが、ロジカルに指導することを大切にしています。
大人は子供と違いこちらが伝えている意味をしっかりと理解できるため、子供以上に分かりやすい指導を心掛けています。
また、当クラブの大人の稽古生は柔道経験者が多いため、実際に子供に教えてもらうことで、稽古生自身も教えながら学んでもらっています。

味谷監督
味谷監督

今後の展望

大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

「教えることは最大の学び」を実践されているのですね。
今後の道場の展望について教えてください。

今よりもっと柔道をできる場を増やし、柔道の競技人口を増やしたいと考えています。
特に試合での勝ち負けを極度に重視せず、試合以外での柔道の良さに触れる人を増やしたいです。
その他に当クラブに通う子供たちには文武両道を目指してほしいと思っています。
柔道は強いけれど、学校の勉強は全然できないではなく、柔道も勉強もバランスよくできるようになってほしいです。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

文武両道は武道を志す人には大切な考え方ですね。
最後にこの記事を読まれている方へ一言お願いします。

武道は人生を豊かにするツールの一つですが、その修練の中で本当に多くの物を得ることができます。
また、武道は日本が海外に誇る素晴らしい文化だと思います。海外の方と話すと、日本人が思っている以上に、日本の武道は海外から注目されています。
そのような武道である柔道を経験する人が増えてほしいですし、そのきっかけとして当クラブがお役に立てれば幸いです。
体験や見学はいつでも大歓迎ですので、ご興味がございましたら是非一度、お越しください。

味谷監督
味谷監督
大谷(武道・道場ナビ管理人)
大谷(武道・道場ナビ管理人)

味谷監督、改めましてこの度は取材にご協力いただきありがとうございました。
北摂三田柔道クラブでは見学・体験はいつでも受け付けているとのことですので、少しでもご興味のある方は道場を訪れてみてください。

※お問い合わせの際は「武道道場ナビを見た」とお伝え頂くとスムーズです。

この記事を書いた人

大谷悟(おおたにさとる)

  • 武道・道場ナビの管理人
  • 道場専門のコンサルタントとして数多くの道場の集客や運営を支援
  • 自身も武道有段者として現在も道場で指導を行う
  • 前職は国家公務員
  • 所有資格:ウェブ解析士
  • 「道場コンサルタント」のサービスページはこちら

SNSで道場運営に役立つ情報を発信中!

関連記事

  1. 【道場紀行】剛泊会高槻道場

  2. 【道場紀行】日本拳法瀬戸内道場

  3. 【道場紀行】東雲剣友会

  1. 剣道における五行の構えと五正眼の構え|錬士七段が…

  2. 伝統派空手の段位制度を徹底解説!白帯から黒帯まで…

  3. 少林寺拳法の技の基本と種類について有段者が徹底解…

  1. 【道場紀行】東雲剣友会

  2. 【道場紀行】北摂三田柔道クラブ

  3. 【道場紀行】拳秀会

  4. 【道場紀行】埼玉まこと道場

  5. 【道場紀行】錬和会空手道場

カテゴリー

Facebook